寒くてもホッカホカ!今冬おすすめのベビーブーツ

11月に入り本格的に寒くなってきたので、そろそろ「ブーツ」を出そうかな?と考える今日このごろ。

もうすぐ2歳になる娘も歩きたい盛りなので、今年はスニーカーではなくベビーブーツの購入を検討中です。

いろいろ調べてみると凄くオシャレでベビーのための機能もそろえたブーツが沢山あるんですよね。

そこで、今回私が注目したベビーブーツをご紹介したいと思います。

 

ベビーブーツの選び方とは?

ベビーブーツを選ぶときの基本は、もちろん子どもが歩きやすいものを選んであげること。

1〜3歳の足は成長過程のため、サイズが合わないものを選んでしまうと子どもの足の成長を妨げることになりかねません。

また、ブーツは丈がある為履いたり、脱いだりが意外と大変!

着脱しやすく、足首が隠れるくらいのショート丈やハーフ丈のものを選ぶと良いのだと、靴売り場の店員さんにアドバイスされました。

 

可愛くてあったかいベビーブーツ5選

それでは、この秋・冬の寒さを乗り切るためのあったかブーツをご紹介します。

ムートンブーツ ベビーUGG(アグ)

高品質な羊の毛皮を使ったブーツで大人気のUGGにキッズ用もあったとは知りませんでした!

大人顔負けのデザインでとっても可愛く、抜群の保湿性&履き心地の良さも兼ね備えていています。

しかも、面ファスナーになっているので、サイズ調整や履き、脱ぎも簡単に行えるのも嬉しいポイントです。

 

new balance(ニューバランス)

ニューバランスで人気の高いスニーカーをブーツにアレンジ。

アッパーにキルティング、ライニングにボア素材なので、足元はとても暖かいです。

ハイカットながら、履き口が大きく開くので履きやすさも抜群です。

 

Ampersand(アンパサンド)

Ampersand(アンパサンド)の靴「ベビーショートボアブーツ」は、手頃な価格とカラフルでおしゃれなデザインが人気です。

2000円台前半で購入できるのは、ポイント高しですよね。

 

Kladskap(クレードスコープ)のアニマルデザインブーツ

クレードスコープとは、スウェーデン語で「洋服ダンス」という意味があり、モダンな北欧テイストをイメージしています。

こちらのブーツは、内側がボワになっているので暖かく、この秋冬コーディネートに活躍すること間違いなし!

小さなお子さんが、アニマルデザインのブーツを履いている姿はとっても可愛いですよね。

 

Carrotムーンスター

ムーンスターのブーツの優れたところは、子どもの足の正しい成長をサポートする機能が備わっているところです。

  • 【つま先ゆったり】つま先にゆとりを持たせた形状で、足の指を圧迫せずにのびのび動かせます。
  • 【カウンターボックス】子どもの柔らかく歪みやすい足を箱型構造でしっかり支えます。
  • 【フレックスジョイント】足のマガリと同じ位置で靴が曲がる設計で、足に余計な負担をかけません。
  • 【機能性カップインソール】足裏になじみ、取り出して洗濯ができるので靴内を清潔に保てる中敷きです。
  • 【カテキン】天然緑茶を原料とした自然素材の「カテキン」を使用することで、優れた「抗菌」「防臭」効果を発揮します。

 

まとめ

小さい子どものために作られたベビーブーツは如何でしたか?

ベビーブーツは、大切な我が子を寒さから守るアイテムです。

ひとつ持っていれば、冬のお散歩がより楽しめますね。是非、この機会に購入の検討をしてみては??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください