新妻さん注目!冷蔵庫の収納と掃除の方法教えます!

甘~い新婚生活が始まってウキウキ。

しかし、ほどなくやってくる「生活」という現実。

家庭生活をキチンとやっていくには、家事はとても大事なんです。

 

そんな中、知っておいてもらいたいのが、冷蔵庫の掃除。

きちんとやってる人、あまりいないのではないでしょうか??

 

1日に何度も開け閉めする冷蔵庫ですが、家族全員が利用することで冷蔵庫の中が汚れてしまう事があります。

さらに、何がどこに収納されている分からいと長時間冷蔵庫を開けてしまい、電気代がかかってしまったり、冷蔵庫の中身が悪くなってしまう事があるようです。

ここでは、冷蔵庫の収納とお掃除について紹介していきます。

 

掃除の方法について

まずは冷蔵庫のお掃除方法です。

冷蔵庫の拭き掃除に使う洗剤は、台所用の酸素系漂白剤で、その他に無水エタノール・ビニール手袋・クロス(布)・使い古しにはブラシを準備します。

酸素系漂白剤は、酸化力があり漂白・除菌・消臭剤として使われています。

冷蔵庫をお掃除する場合には、冷蔵庫の中身を全部取出しクーラーボックスなどの保冷剤をして保存しておきましょう。

 

その後冷蔵庫のパーツを取りはずし、はずしたパーツはぬるま湯に酸素系漂白剤を入れたものに30分ほど漬け置きしておきます。

その間に、酸素系漂白剤をお湯に溶かした溶液にクロス(布)をつけよく絞り、上から下へ拭いていきます。

 

クロスで汚れが取れない場合には、歯ブラシを使い汚れを落としていきましょう。

ドアパッキンは、汚れや菌がたまりやすいので水に無水エタノールを加えたものを使い拭いていきましょう。

一通り拭いたら乾拭きをし、付け置きしておいたパーツをきれいに洗い流し、乾拭き元に戻し終了です。

 

冷凍庫内や野菜庫なども同じようにきれいに掃除していきましょう。

毎回このような掃除をしなくても、汚れやすい場所は気が付いた時にお掃除しておくときれいな状態を保つことができます。

 

冷蔵庫の収納について

冷蔵庫の中は食品がどこに入っているのかすぐに分かるようにしておく事が大切です。

奥にあるものや取り出しにくいものは、放っておくと賞味期限が切れてしまう事があるので注意が必要です。

100均などのメッシュで中が見やすいカゴやトレーなどで奥行きのあるもの、ブックエンド・透明のふた付きの容器などを使い食品の仕分け収納を行っていくととても便利です。

お母さんだけでなく家族みんなが分かるように、カゴにどのようなものが入っているのかラベルを張っておきましょう。

食事時間帯に使うセットをご家庭で作りまとめて収納することで、カゴごと食卓に出す事ができます。

 

その他、賞味期限が切れそうなものは取り出しやすい場所に置いておきましょう。

冷蔵部分は冷気が通りやすくするように少しすきまをあけておくことが大切になってきます。

 

冷凍庫は、冷凍用保存のジッパー付きのビニール袋に入れ、できるだけ薄く平らにすることで立ててたくさん収納する事ができます。

冷凍庫は良く冷やすために、たくさん詰めて収納することがオススメです。

 

野菜庫は、紙袋や野菜用の収納袋に入れて立てて収納します。

上に乗せたり重ねたりしない事が大切です。

 

まとめ

冷蔵庫の掃除は、台所用の酸素系漂白剤を薄めて使い冷蔵庫内のパーツを外し拭き掃除を行ないます。

外したパーツも付け置きした後洗い流しきれいに拭きあげていきましょう。

全部取り外して掃除する時間がないという場合には、気づいた時に掃除をしておくと大掃除の時に簡単に終わる事ができます。

冷蔵庫の収納は、100円ショップなどのカゴや冷凍用の保存袋紙袋などを使い、小分けにすることで、家族全員が取り出しやすくなるので挑戦してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください