ワーママの時短お掃除術

放っておくと汚れがたまりまとめて掃除をするとなるとかなりの重労働になり、せっかくの休みなのに疲れてしまうということがあります。

このようなことが起こらないようにするために、毎日時短お掃除をしておくというのはいかがでしょうか。

平日にちょっとしたお掃除をしておくことで、週末のお掃除を短縮する事ができゆっくりと時間を取る事ができます。

ここでは毎日の時短お掃除について紹介していきます。

 

キッチンのお掃除

三角コーナーはおかず、生ごみをそのつど広告などに包み捨てるようにすることで、ニオイやシンクの汚れを防ぎ見た目も良くなります。

コンロやキッチンなどの油はね・水はねは汚れが付いたらすぐに拭き取っておくと良いでしょう。

コンビニなどでもらった紙おしぼりを置いておき汚れた時に拭き取って捨てるというのもオススメです。

キッチン周りに物を置かないようにするとお掃除もとても簡単です。

 

トイレのお掃除

トイレは汚れが目に付いた時にすぐに掃除しましょう。

トイレットペーパーにスプレーするタイプの物を使いサッと拭き取っておくだけで、ニオイを抑える事ができますし、トイレをしっかり掃除する場合簡単です。

便座内の汚れが気になるという場合には、スタンプするタイプの物もあるようです。

トイレ掃除をする場合、トイレブラシを使うと雑菌が気になるという人は、ビニール手袋をはめ台所用スポンジを使い掃除をし、使い終わったら捨てるのも良いでしょう。

ビニール手袋の代わりに、ビニール袋を手にはめ台所スポンジをくるみ捨てるのも良いでしょう。

 

お風呂のお掃除

お風呂は、最後に浴室の壁や床などに冷水のシャワーをかけ、汚れや石けんカスをきれいに流しておきましょう。

冷水をけることで、多少は湿度を抑える効果もあり、湿度を抑えることがカビの発生を抑えるので、換気扇がついている場合には神吉さんをつけておきましょう。

お湯を抜くタイミングで浴槽内をブラシで磨くと汚れが落ちやすくなります。

水で流した後、蛇口や鏡の水気をふき取っておくことで水垢が付きにくくなります。

 

リビングや寝室・廊下や階段のお掃除

廊下や階段は場所を1カ所決め、モップやフローリングワイパーなどで5~10分程度掃除をしていきましょう。

曜日やローテーションを決めることできれいな状態を保つことができます。

 

週末のまとめ掃除

週末にまとめて掃除を行う場合には、まずは邪魔になるものを片付け、床に置いてあるものを上げて掃除していくことで時短になります。

普段掃除していない部分を掃除する事もできます。

100円ショップなどに売ってある掃除用具を利用するのもオススメです。

 

まとめ

お掃除は、汚れに気が付いた時にサッとやっておくことで、まとめてお掃除する時に時短になります。

使い捨てできるものや便利グッズを上手に利用して、時短お掃除をやってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください