イヤイヤ期の対処法

お子さんがいる方ならよく聞く言葉として「イヤイヤ期」というものがあります。

よく言われるのが「魔の2歳」とも言われ、イヤイヤ期は2歳ごろおこると思っている人がたくさんいるようです。

しかし、そうではないんです。

イヤイヤ期はいつごろから起こりいつまで続くのでしょうか。

ここでは、お子さんのイヤイヤ期について紹介していきます。

 

イヤイヤ期の起こる年齢は?

子供がいうことを聞いてくれなくなるイヤイヤ期。

魔の2歳と言われていますが、実際は早い子であれば1歳を過ぎたごろから始まった経験をお持ちの方もいるようです。

1歳を過ぎると、歩く事ができるようになり行動範囲が広くなります。

さらに、今までは親御さんにやってもらっていたことが、少しずつ自分でできることも増えてきます。

 

お子さん自身がやろうとしたことに親御さんが手を出すと、自己主張をしたり反抗的な態度で「イヤイヤ」と言うことがあります。

これは、親がどのように反応するのか、それ見て自分はどうするのかを考えているのです。

 

このような行動は、子供の成長過程で自分で決めたいという欲求の現われだと言われています。

自分でできないとイライラしているという事もあるようです。

 

イヤイヤ期は、イヤイヤ期がはじまってから2年程度だと言われ、3~4歳までにはおさまるようですが個人差もあります。

中にはイヤイヤ期がなかったという子もいるようです。

イヤイヤ期は、どのようなことに「イヤイヤ」が通用するのかを子ども自身が判断し、親自身も子供の「イヤイヤ」に慣れてくることで対処しやすくなり終了するということが多いようです。

 

しかし、イヤイヤ期がおさまったと思っていても、下に兄弟が生まれ、自分の意思いが通じない場合には、再び「イヤイヤ期」がおこる子もいるようです。

 

イヤイヤ期の対処法

イヤイヤ期は3歳を過ぎると少しずつおさまってくるようです。

3歳頃になると、親とのコミュニケーションを上手にとれるようになり、気持ちも伝える事ができるようになります。

また、自分がしたいことややりたいことが上手く出来るようになり、楽しくなってくることで「イヤイヤ」と言わなくなってくるようです。

 

イヤイヤ期の親御さんの対処法として、子供の気持ちを受け止め受け入れる・自分で選ばせる・できることはやらせてみる・どのようにしなければならないかをきちんと話す・他の事に興味をそらす・泣いている場合などには気持ちが落ち着くまで待ってあげるなどがあります。

このようなことを行なううえで、親御さんは余裕や時間を多めに見積もって接してあげましょう。

 

しかし、危険を伴うことや人に迷惑をかけることなどはしっかりと「ダメ」ということを伝えていくことが大切になってきます。

 

まとめ

イヤイヤ期は、1歳を過ぎた1歳半頃から3歳~4歳位までだと言われています。

子供が成長するうえで、自分の感情を親にぶつけることで、やっていいこと・いけない事を知り、感情のコントロールや生活のルール、我慢することなどを覚えていきます。

親御さんの対処法としては、見守ってあげる・わかるように話してあげる・落ち着かせるということなどが大切になってきます。

親御さんも疲れていたりイライラする事もあると思いますが、子供の成長を見守ってあげて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください