浴室のカビの原因と対策

梅雨の時期、しっかりと掃除しておきたい場所の一つに浴室があります。

カビが繁殖しやすく、放っておくとさらに増え、体をきれいにする場所なのに病気になってしまう可能性があるというのです。

いくら世界一忙しいワーキングママとはいえ、浴室は数少ないリラックスルーム。

綺麗にしておきたいところです。

そこで、ここでは浴室の掃除やカビを取り除く方法を紹介していきます。

 

どうしてカビが生えるの?

浴室にカビが生える原因は、水や空気に関係している「湿度」だけだと思っている人がいるようですが、

その他に人の垢や石けんカスなどの「栄養」があることで繁殖しやすくなってしまいます。

カビは5~45℃で発育し、25~28℃で繁殖すると言われています。

入浴後、水シャワーをけても、梅雨の時期は湿度が高くジメジメしているのでカビが繁殖しやすくなってきます。

 

浴室にカビが生えないようにするには

入浴後、水シャワーをかけても、湿度を抑えることはできないと言いましたが、

カビの栄養となる人の垢や石けんカスを洗い流すことはできます。

湿度が高い分、カビの栄養源を洗い流すことは大切になってきます。

壁に付いた人の垢や石けんカスなどは水滴と一緒に下へ垂れ、壁や床の次間にたまりやすくなります。

そこでできたカビが上へと延びていきます。

掃除をする場合には壁・床の他に継ぎ目もきちんと掃除しておきましょう。

カビ対策には、浴槽にお湯をためたままにしておく場合にはふたをする、換気をしっかりと行うことが大切です。

さらに、天井の掃除も大切になってきます。

天井には水滴が付きやすく放置されやすいためカビが生えやすくなるのです。

天井にできてしまったカビの胞子が下に落ちてきて、それを吸い込んでしまうと病気になる可能性があるので注意しておきましょう。

天井にカビが生えないようにする裏ワザは、

フロアーモップにキッチンペーパーを数枚取付け、キッチンペーパーにアルコールを吹き付けきれいに拭いていくことです。

アルコールであれば、蒸発してくれるので洗い流しや布ふき取りの手間を省く事ができます。

できてしまった浴室のカビには、カビ取り剤を吹きかけラップをし、しばらく置いて軽くこすり、洗い流していきましょう。

 

まとめ

浴室のカビの原因は、湿度に加えカビの栄養になる人の垢や石けんカスが残っていることでおこります。

掃除を行う場合には、壁・床・継ぎ目の他、天井もしっかり掃除していきましょう。

お湯をためたままにしておく場合にはふたをし、換気をしっかり行うことが大切になってきます。

忙しいワーキングママであっても、せめて毎日浴室の窓をあけて換気を行うくらいのことはしたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください