梅雨の時期の、部屋干しニオイ対策

雨の多い梅雨の時期、洗濯者は外に干す事ができないので部屋干しになる事が多くなってしまいます。

洗濯物を部屋干しすると気になってくるのがニオイです。

生乾き嫌な臭いがする場合には、雑菌が繁殖することが原因のようです。

しかし、対策を行なえばその嫌な臭いとサヨナラできます。

雨が多いこの時期、部屋干しで洋服についてしまう洗濯物の嫌なニオイを改善するための対処法について紹介していきます。

 

なぜ部屋干しすると洗濯臭がつくの?原因は?

雨が続くと洗濯者は外に干す事ができず、部屋干しが多くなってしまいます。

洗濯物は一応乾いても、生乾きの嫌な臭いが残っている事があります。

生乾きの臭いは、悪臭菌に加え洗い落とせなかった汚れや皮脂が原因でおこるのです。

悪臭菌は、温度や湿度・菌の栄養素となる汚れや皮脂によって繁殖し、ニオイを発生させます。

さらに、雨が降っているので日光が当たらず、乾燥に時間がかかるのも原因のようです。

洗濯物の雑菌が繁殖し始めるのは5時間以上たったころからと言われているので、なるべく早く洗濯物を乾かしていくことが大切になってきます。

 

洗濯臭がつかないようにするには?対処法は?

洗濯臭が衣類につかないようにするためには、60℃のお湯で洗う事が良いと言われています。

60℃になると悪臭菌は繁殖する事ができないからです。

その他に、残り湯は使わない、残り湯を使う場合にはすすぎの回数を増やすということも大切です。

お風呂の残り湯には汚れや皮脂が石けんカスが残っていることから、悪臭菌が増える原因になってしまいます。

他にも、脱水したらすぐにアイロンを高温かけルンもオススメです。

干し方にも注意が必要になってきます。

洗濯物はくっつけず離してほし、風通しを良くしましょう。できればカーテンレールなどのかけるのではなく部屋中央に干すのが良いでしょう。

部屋中央に干せないという場合には、扇風機などを使い洗濯物に風を当ててあげましょう。

除湿機や浴室乾燥機を使うこともオススメです。

ピンチハンガーに干す場合には、真ん中には丈の短いものを干し、外側にいくにつれて長いものを干すと乾きやすくなります。

洗濯する場合には、塩素系の漂白剤・酸素系漂白剤・部屋干用洗剤を使うと、菌を増やすことなく嫌なニオイがつかなくなります。

部屋干しをして臭いが気になるからといって、洗剤の量を決められた量以上入れると、洗剤が洗濯物に残り、嫌な臭いの原因にもなるので注意しておきましょう。

洗濯の仕方・干し方の他に、洗濯機自体を清潔にしておくことも大切になってきます。

洗濯が終わった洗濯機の扉を開けたままにし乾燥させる。洗濯機自体を掃除し清潔にしておくことで菌の繁殖を防ぐ事ができます。

 

まとめ

雨が多い梅雨の時期、菌の繁殖が原因でおこる洗濯物の嫌な臭い。

生乾き臭が起こるのは菌が原因です。

それに加え、汚れや皮脂・温度や湿度によって増えていきます。

忙しいワーキングママはスマートに予防したい!

正しい洗濯の仕方や洗剤の使い方をし、洗濯物の乾かし方を工夫し、嫌なニオイにさよならしましょう(^-^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください